月別アーカイブ: 4月 2016

男は同性である男の腕時計を意識する

腕時計は良い時計をしなさい、靴は綺麗な靴にしなさいとよく言われます。それは何も見栄を張る為でなく根拠があります。男女共に、出会った時に相手の腕時計や靴は必ず観察していてそれで人間性を判断してしまってる部分が少なからずあるのです。
意識的に判断してる人もいれば無意識に判断してる人もいます。これは心理学での話ですが、私もやはり周りがどんな腕時計をしていて、綺麗な靴を履いてるのかは無意識に気にしてます。男性であれば、確実に同性である男性の腕時計を見ます。腕時計は男性にとって強さの象徴と言いますか、なにかわからないですが、腕時計をきちんとした物をつけていると人間性の評価をあげてしまいがちです。
良い腕時計をすれば全てが評価されるわけではありませんが、もし、第一印象が良くなるなら、良い腕時計をしてることの方がメリットがあります。男性であればビジネスの商談などでは腕時計の良し悪しでビジネス成功率に影響が出るとも言えます。仮に影響がないとしても良い印象であることに変わりはないのは事実です。ならば、良い腕時計をしてる方がやはり断然に良いのです。もちろん、バランスも大切です。スーツ姿にガガミラノの時計はさすがに合わないでしょうし、普段着に高すぎる時計も逆に合いません。
スーツに合う腕時計、普段着に合う腕時計など服装によって腕時計の種類も選択するのがいいと思います。