腕時計の年齢に合った使い方について

腕時計は子供から老人まで幅広く使える物です。

それぞれの世代や年齢によって腕時計を使う用途も異なりますし、購入する相場も変わってきます。

相場について、10代や20代前半についてはまだ本格的に働いていないのでアルバイトなどで働いたお金で買う事のできる範囲がほとんどかと思います。

値段については10,000円~50,000円くらいが多いと言われています。

品物についても、若い人向けなので、G-SHOCK(ジーショック)やNIXON(ニクソン)、TIMEX タイメックスなどデザインや大きさなど個性的な時計を購入する人が多い傾向があります。

20代後半~50代くらいまでは、社会人として働き貯蓄している人が多いのでブランド品など高級な時計を購入する人が多いです。

相場についても、50,000円~200,000円もしくはそれ以上高い腕時計を購入している人が多いです。

品物については見た目よりはブランド力がある時計、分かりやすいステータス性などを重視する傾向があります。

CITIZEN (シチズン)、SEIKO(セイコー)、高級品だとRolex(ロレックス)やFRANCK MULLER(フランク・ミュラー)やCARTIER(カルティエ)など有名な時計を購入する人が多いです。

コメントは停止中です。