高級腕時計を選びに、生まれて初めて展示販売会にいった体験談

ある時、祖父母が私に成人祝いの腕時計を予算50万円ほどで私にプレゼントしてくれることになり、「展示販売会の招待状があるから、参考までにどんな時計がいいか見てきなさい。」と言われ、父母と一緒に展示販売の会場に足を運びました。

そこで展示されていた腕時計はすべてが高級品で、中には映画007モデルの裏面が銃の薬莢のユニークなデザインのレアな腕時計もありました。また、1000万円以上するような超高級な腕時計も数多く展示されていて、係りの人に申し付ければ、実際に手に取ってみることができたのですが、「落としたら、傷がついてしまったらどうしよう…」と怖くなって、2回ほどしか手に取りませんでした。それら超高級な腕時計を見て回った私の金銭感覚が狂い、100万円や200万円の時計を見て、最後の方には「これ安いなぁ…」などとつぶやいていました。

その後、自分が一番気に入った時計を見つけたのですが、その腕時計は当初の予算である、50万円を超え、86万円ほどの値段でした。しかし、どうしてもその腕時計が欲しかった私は「予算オーバーした分のお金は私の貯金から出す」と提案し、現在その腕時計は私のお気に入りにで、就職活動のお守りとなっています。その決断を公開はしていませんが、袖の中に隠して、ぶつけて傷をつけないようにいつも気をつけていると「もっと安いのでもよかったのではないか…?」と思うこともあります。

コメントは停止中です。