電子腕時計のApple Watchを購入

最近になってApple Watchをつけ始めた。手首にしっくりこないという理由で腕時計をつける習慣のなかった私なので、新品を買うのもためらいがあった。しかし中古で程度も良く安いものがあったので「まあこれなら」と購入するに至った。

商品が届き、いざ手首につけて見ると、やはりAppleらしさの出ているデザインだと惚れ惚れとした。スマートウォッチは今はまだ流行ってはおらず、電車の中でも見かけることは多くない。腕時計として必要な機能は「時間の表示」であり、その他の部分に関してはまだ求められているものがないのかもしれない。

しかし今は社会に出現したてであり、まだ理解が得られていないだけであると思っている。通常の腕時計に比べ充電は必要だが、できる機能が大幅に増えている。次のスケジュール・どの時刻の電車に乗ればいいか・家族がどこにいるか・今の気温やこの先の気象情報…

それらは従来の腕時計にはない機能でありながら、人々が即座にチェックできることを望んでいる情報のように思う。デジタルネイティヴの世代には受け入れが進むであろうメリットが多く存在する。問題は、iPhoneを持っていなければならないこと、未だ操作性に難があるところが多いということだ。

コメントは停止中です。