腕時計をしていないと落ち着きません

家にいるときは外していますが外出するときは腕時計をしていないと落ち着かずその日一日変な気持ちになります。もともと時計メーカーに勤務していたこともあり会社から割引価格で購入することもできたので愛着があります。

外に出かけていると昔でしたらあちこちで時計が確認できたのですぐに時刻が分かりましたが現在はお店でも店内に時計がないので不便です。携帯を見ればよいのかもしれませんが、時計の針でないので時間が感覚的にとらえられないので好きではないです。

勤務していた当時はデジタル時計が発売されたころで針のある腕時計は淘汰されるのではと言われていましたが、逆にデジタル時計をしている人は見かけなくなっています。100円ショップでも販売されているので時計としての価値は下がってきているように思います。

現在自分が使用している腕時計はクオーツ式のそれほど高い金額ではないですが腕にはめると安心感があります。特に秒針を見ていると時の流れを感じることができるので残り時間を把握しやすいので助かっています。

会社に行くときは必ずするようにしていますが、朝急いでいるときにうっかり忘れたときはしまったという気持ちで落ち込みます。

相棒のような関係になっているので今後も手放すことはないと思います。

コメントは停止中です。