自分より立場が上の人から高価な腕時計を勧められたら考えること

高価な腕時計を好む人たちがいる一方で、安物もしくは携帯端末で事足りると信じている人もいます。人間にはそれぞれ価値観があるので、どちらが正解かを断言することはできません。もしも立場が上の存在、たとえば会社の社長や取引先の重役から高価なものを勧められたら聞き流してはいけません。自分自身を成長させる機会に恵まれていると自覚しなければ、あっという間に出世競争から脱落してしまいかねません。

誰にでも高価な腕時計を勧めると思ったら大間違いであり、期待している相手だからこそ助言しているのです。たとえば、社長からの提案であれば現時点で身に付けている一品は不相応と判断できます。実力が高いにもかかわらず安物を好んでいては、自分自身の価値の伸びしろに悪影響を及ぼしてしまうというわけです。経済的に無理をしてでも購入してみれば、さらに成長につながる仕事を任される可能性があるので検討するに越したことはありません。

人間が生きるためには、衣食住さえ充実していれば良いという意見があります。しかしながら、現代においては収入が多くなければ満足できるほどのものを確保できません。その足がかりとして、高価なものを身に付けるのです。

コメントは停止中です。